カラーについて!!4

最終更新: 2019年11月2日

おはようございます。続きです。

🙎🏼‍♀️⇦(ビクラフトちゃん)

🙎🏽‍♂️⇦(もうお馴染みの関西人)






🙎🏼‍♀️(さて落とし穴とは。。)






🙎🏽‍♂️(はい。)






💁🏼‍♀️(。。まず初めに『カラーでどうやって色が染まるのか』からご説明していきます。)






🤦🏽‍♂️(はい。)






💁🏼‍♀️(まずここではアルカリカラー『酸化染毛剤』についてご説明していきます。)


🙎🏼‍♀️(このカラー剤は2つの薬剤があり、それを混ぜることで反応し染まります。)


・1剤

有効成分:オルトアミノフェノール、ニトロパラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、レゾルシンなど。。


その他成分:精製水、ポリエチレングリコール、アスコルビン酸ナトリウム、マカダミアナッツ油、ブドウ種子油など。。



・2剤

有効成分:過酸化水素水

その他成分:精製水、ミリスチルアルコール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、オトギ

リソウエキスなど。。


🙎🏼‍♀️(有効成分が一番メインとなるものです。その他成分は助剤や、トリートメント成分などですね♪ちなみにメーカーや色味によって成分が変わってきます。)


💁🏼‍♀️(ご自宅でカラーされたことがある方は分かりやすいと思います。1剤はチューブに入った固めの薬剤、2剤はとろっとした白い液体です。)






🤷🏽‍♂️(横文字ばっかでわからん。。)


🙋🏽‍♂️(でも自宅染めしたことあるから何となくわかる♪)






💁🏼‍♀️(とりあえず1剤はアルカリ性で色味を持っている薬剤。2剤は酸性でメラニンを脱色し、酸化を促進させるということです。)






🙎🏽‍♂️(分かったような分からんような。。)






💁🏼‍♀️(一度これを見て下さい♪)




🙎🏽‍♂️(最近この図多いな。)






💁🏼‍♀️(まず初めに1剤と2剤を混ぜたカラー剤を髪につけると①の作用が働きます。)


🙎🏼‍♀️(①の反応は1剤のアルカリ性がキューティクルを開いて、2剤の反応で髪のメラニンを脱色します。)


🙎🏼‍♀️(そして①の反応が起こりつつ、②の酸化重合反応がスタートします。そして色が染まっていきます。)


💁🏼‍♀️(ちなみに酸化重合とは色素が作られて髪が染まっていく反応です♪)






🙋🏽‍♂️(①の反応でこんな明るくなるん!?)






💁🏼‍♀️(この色は明るさによって変わるんですよ。明るいほどメラニンの脱色の力が強くなります。)




🙎🏼‍♀️(この13と書いてある横の黄色い毛と、その横のピンクのP/Vを見てもらうと。。)


💁🏼‍♀️(13レベルのカラー剤が【①の反応でメラニンを脱色した明るさ】が黄色の毛。そしてそのピンクP/Vの右側の薄いピンクが1剤の【②の反応で染まる色味】。そして最終的に仕上がるのがちょっと暗いピンクの色になります)






🙋🏽‍♂️(黄色い毛+薄いピンク=濃いピンクってことか!!)






🙋🏼‍♀️(その通りです!!ですのでもっと明るさの抑えた色だと黄色い毛も暗くなります。そして色味ももっと濃くなります。)






🙎🏼‍♀️(これはわかりやすくオシャレ染めでカラーの仕組みをご説明しましたが、次に例の穴ですが、また明日に説明しますね♪)






🙋🏽‍♂️(はーい。)


https://beauty.hotpepper.jp/slnH000462228/?cstt=2

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示