パーマについて!!4

昨日のお話の続きになります。



🙎🏼‍♀️⇦(ビクラフトちゃん)

🙎🏽‍♂️⇦(モヒカンの関西人






🙎🏽‍♂️(zzz)






🙋🏼‍♀️(おはようございます!!!!)






🙎🏽‍♂️(!!!!)






💁🏼‍♀️(難しいお話になりますが、頑張ってください♪)





🤦🏽‍♂️(はい。)






💁🏼‍♀️(では図を見て下さい。)



🙎🏼‍♀️(ちょっとボヤけていますがすみません。。)






🤦🏽‍♂️(また化学の話。。)






💁🏼‍♀️(今回でおそらく化学のお話しは最後なので頑張って下さい。)






🤦🏽‍♂(はい)






💁🏼‍♀️(まず髪の中でパーマが作用するのは硫黄(S)と硫黄が繋がったシスチン結合と言われるものです。)





🙋🏽‍♂️(髪に硫黄があるんや。)






💁🏼‍♀️(髪や爪にもあります。髪が焦げたりすると臭いのはこのためです。)






🙎🏽‍♂️(なるほど!!)






🙎🏼‍♀️(そして1液でその結合を切ります。するとジチオグリコール酸というものができ、徐々に反応が収まっていきます。)






🙎🏽‍♂️(ふむふむ。。)






💁🏼‍♀️(頃合いを見計らって2液をつけると、シスチン結合が再結合し種類によって副産物が変わり、質感に違いが出ます。)






🙋🏽‍♂️(なんかイマイチよーわらんけど、分かった。)





💁🏼‍♀️(ここまでは美容師さんが勉強することなんでなんとなくで大丈夫ですよ♪)






💁🏼‍♀️(次回からはどのようにしてパーマがかかるのか、そしてパーマの種類の違いについてご説明していきますね。)






🙋🏽‍♂️(お願いしまーす。)


https://beauty.hotpepper.jp/slnH000462228/?cstt=2

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示